北海ホームサービス

水漏れを火災保険で補償しませんか?

給排⽔設備の⽔漏れは⽕災保険で補償できる場合があります 。

北海ホームサービスでは、火災保険による適切な修理・修繕を目的としたリフォームを行ってきました。
修理・修繕を必要とする被害の調査・診断し、火災保険の請求書類をお作りいたします。

保険会社から認定されると修繕お⾒舞(損害保険⾦)を受けとることができます。

トラブル事例

⽬で⾒えているシミは⼀部に過ぎません。天井内部では⽔分によりカビが発⽣し腐⾷しているかもしれません。

フロアに浸水してしまった例

フロアに漏水

天井から水漏れ。フロアまで広がってしまった。
地震が起こり、床がずれてしまったせいで水漏れがしてしまった。
トイレ・キッチン・お風呂などの排水管が詰まり水があふれた。

家の壁が変形してしまった例

家の壁

季節の変わり目に壁が変形・割れてしまった。
サッシ回りのコーキング剤の劣化やエアコンの配管回りやビス跡の防水処理が不十分なために雨漏りが起きるケースもあります。

水道菅が破裂してしまった例

水道管

冬の寒波で凍結してしまい、水道管が破裂してしまった。
給水管や排水管も穴があいたり、割れたり、接続部分がはずれたりするトラブルが起こる場合があります。

落雪により壁が変形してしまった例

落雪

落雪によってガレージが破損してしまった。

凍結により水道管が破裂してしまった例

凍結

凍結により水道管が破裂してしまった。

落雪

落雪によりサイディングが破損・変形してしまった。

上記内容は、火災保険の補償で直すことができます!

※⽕災保険に「水災」への補償が追加されていることが前提となります。

保険適用の最低条件

火災保険の契約で「建物」を補償対象にしており、保険会社の審査・査定を通過できた場合、上記内容すべて火災保険で対応することが可能です!

Question

すが漏れは⽕災保険で修繕できる?

⼀般的な⽕災保険には「⽕災・落雷・破裂・爆発・⾵災雹災・雪災・⽔災」そして保険の種類によって「漏⽔や、盗難、外部からの衝突による被害」などが含まれています。

⼀⾒するとすが漏れはいくつもの災害に当てはまりそうですが、実は多くの場合「⾵災・雹災・雪災」にあてはまります。

しかし近年では、すが漏れは保険適⽤外とされる事もあります。

住宅上の構造に問題なく、適切に雪かきをおこなっていると、すが漏れは発⽣しないと判断されるためです。

最近では、異常気象の影響で、雪の被害を受けることのない地域も急な雪に⾒舞われたりすることがあります。

よって、すが漏れも保険を適⽤してくれます。すが漏れでお悩みの際は、⼀度保険会社に相談してみましょう。

Question

すが漏れって何?

「すが漏れ」と⾔う⾔葉は、全国に浸透していません。その理由は、雪の多い地⽅にしかすが漏れは起こらないからです。

「すが」とは、仙台など東北地⽅の⽅⾔で「氷」と⾔う意味です。また、北海道でも「すが漏れ」は屋根の積雪による⽔漏れを指します。

つまり、氷や雪が屋根に積もり、そこから⽔漏れが起こると現象を指します。

Question

水道管が凍結して破裂!火災保険は使える?

水道管の凍結は気温がマイナス4℃以下になると起こりやすくなります。水道管が凍結すると水が出なくなるのはもちろん、最悪破裂することもあり、水道管だけでなく水漏れによって損害を受けた部屋の修理などに多額の費用がかかってしまうケースも。

寒冷地の建物の水道管は凍結防止の処置が施されている物も多いですが、水道管の凍結がめったに起きない地域にお住まいの方は、凍結防止対策について詳しくご存じない方も多いと思います。

火災保険の基本補償に「破裂・爆発」があります。水道管が破裂したら、その補償が使えるのではと思いがちですが、「破裂・爆発補償」は「気体または蒸気の急激な膨張を伴う破裂またはその現象による衝撃、破損の損害」、分かりやすく言うとガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償するものなので、水道管の凍結による破裂は補償対象外となっています。

もし水道管が凍結によって破裂し、建物や家財が水浸しなって使い物にならなくなった場合は、火災保険の「水濡れ補償」を付帯させていると補償の対象になることがあります。この「水濡れ補償」は給排水設備の事故が原因で水漏れし建物や家財が受けた損害を補償するものです。

ただし水道管自体の修理費用は「水濡れ」では補償されませんのでご注意下さい。

詳しくはお問い合わせください

お客様の大切な家の悩み事を解決するために、スタッフ一同丁寧にご対応させていただきます。

0120-954-707
0120-954-707

お問い合わせから施工・お支払いまでの流れ

お問い合わせ
北海ホームサービスにお電話またはメールフォームよりお問い合わせください。 放置してしまうとより悪化してしまうため、お早めにご連絡を!
無料診断
状況をお聞きした上で、火災保険の補償範囲になるのか、調査・確認を行います。
無料お見積り
無料診断で行った診断・調査を基に修理・修繕リフォームに必要な費用をお見積りいたします。
申請書類作成
保険の補償範囲と判断された場合、必要な書類を制作いたします。
施工打ち合わせ
損害保険会社の鑑定が適正だと判断され、振込確認後施工に向けた打ち合わせを行います。
施工開始
施工前には、ご近隣の方へご挨拶に伺ってから施工開始させて頂きます。
完成
責任を持って工事完了を確認し、完了報告をいたします。

私たちが実際に行ってきた施工実績

事例1

床が水漏れでひどいことになってしまった

床が水漏れで酷く、保険会社へ確認した所、適応する事が分かりました。範囲が広かった為、リビング・キッチン・洗面所を集中的に改修しました。改修の際、断熱材も新しく入れ替えました。

詳細を見る
事例2

水漏れでキッチン・床が濡れてしまった

配管からの水漏れが分かり、保険が適応か確認した所適応範囲だった為、キッチンを交換することになりました。

キッチン交換で、床やクロスも交換しなくてはならなく、キッチン空間はガラっと変わりました。

詳細を見る

詳しくはお問い合わせください

お客様の大切な家の悩み事を解決するために、スタッフ一同丁寧にご対応させていただきます。

0120-954-707
0120-954-707

札幌市近郊のエリアに対応いたします

札幌市中央区・札幌市北区・札幌市東区・札幌市白石区・札幌市厚別区・札幌市手稲区・札幌市西区・札幌市豊平区・札幌市清田区・札幌市南区・岩見沢市・小樽市・江別市・石狩市・北広島市・恵庭市 ほか

記載のない地域も一部対応可能となっております。詳しくはお問い合わせください。

よくいただく質問

question
相談の際に、必要なものはありますか?
Anser
建物の構造や床面積などの記載がある確認資料をご用意ください。
question
雪の重みでカーポートが壊れてしまいましたが、火災保険で補償できますか?
Anser
カーポートは建物本体ではありませんが、建物敷地内に所在する物置・ガレージは、火災保険『建物契約に含む』ことで補償範囲に含まれます。
question
被害後どのくらいで工事ができますか?
Anser
保険会社によってさまざまですが、保険金額が分かるまでは、お待ち頂く事となります。
question
保険対象外の時は再度金額を調整してくれますか?
Anser
はい。工事内容をご納得頂けるまで、ご相談下さい。

詳しくはお問い合わせください

お客様の大切な家の悩み事を解決するために、スタッフ一同丁寧にご対応させていただきます。

0120-954-707
0120-954-707